【プログラミング学習と写経】勉強方法「写経」は上達スピードがUPする!

日々の学習

毎日プログラミングの勉強に明け暮れてはいませんが、マイペースで学習中の私がプログラミング学習方法の1つである「写経」について体験談を紹介します!

最近は流石にあまりやらなくなりましたが、初期の頃はかなりお世話になった「写経」です。
「写経」とは、サンプルのプログラミングコードををそのまま書き写すことを指しています。

誰でも簡単にできる勉強方法ですが、確実に初心者のスキルが伸びること請け合いです。

今回は私の体験談に加えて、勉強する上での注意点も合わせてご紹介しますね。
プログラミングがなかなか上達しない、などのお悩みがある方はこの体験談を見ると自信がつきますよ!

プログラミング学習と写経 / 写経でどのくらい上達した?

プログラミング学習と写経 / 写経でどのくらい上達した?
全く自慢にならないのですが、とにかく私はプログラミング上達スピードが遅いのです。
それは1年たった今でも変わりません。

そんな低レベルな私は初期の頃は本当にひどい状況でしたが、写経をすることで「プログラミングの型」というものが少しずつ分かるようになりました。
最初は定型文なのか設定してあるid等なのかすら区別がつかない落ちこぼれでしたが、コードを見れば書かれていることが分かったりいじるべき箇所が分かるようになっていったのです。

本当に習得スピードが遅すぎて語るのも恥ずかしいかぎりなんですけどね。。

プログラミングスクールで学習していたので「写経」の存在は知っていたのですが、最初はあまり手を出していませんでした。
なぜなら時間はかかるし、見本の通りに写したはずなのにエラーで動かなかったりしてとにかく面倒だったから。

でも、同時期にどんどん伸びて先に進んでいった方々の勉強方法を見ると、皆さん揃って写経をきちんとしていたのです。
やはりそういう泥臭い作業に時間をかけた人たちが、結果的に伸びていくのを目の当たりにしたんですよね。

そこから私も写経に力を入れて、なんとか今まで学習を続けることができています。
プログラミングスキルを早くUPさせたい初心者の方は、ぜひ早い時期に写経を取り入れましょう!

プログラミング学習と写経 / 写経という勉強方法に効果がある理由

プログラミング学習と写経 / 写経という勉強方法に効果がある理由
ところで、なぜ写経が効果があるのでしょうか?
これは調べてみたのですが、理由はいろいろあるようです。

例えば、
・プログラムの構造が学べる
・プログラムの勘が育成される
・反復練習することでプログラミングスキルが鍛えられる
などなど。

確かに、スクール生時代は「プログラミングは学習せずに練習しろ」とよく言われました。
つまり、写経は学習ではなく「練習」であるから効果があると考えれば納得です。

そして、初心者が何かを作り上げた「達成感」や「自信」を得られるのも写経です。

いや実は写しただけで作ってはいないのですが、「コードを実行したら動いた!」という経験って必要じゃないですか?
私はこの「写経」のおかげで結構モチベーションが保たれました。

プログラミング学習と写経 / 何をどんな順番でやればいいの?

プログラミング学習と写経 / 何をどんな順番でやればいいの?
まず、何か題材を探してサンプルコードの入力から始めましょう。
まあぶっちゃけ見た通りコードを書き写して実行する、それだけです。

プログラミングスクールなどで学んでいる場合は色々課題があリますし、独学の方でも今はYouTubeなんかでたくさん題材が見つかります。
年寄りくさい表現ですが、本当にいい時代になりましたよね。

ところで、言語によっては最初に環境構築が必要になるのですがこれが勉強になります。
まあ勉強になると言えば聞こえがいいですが、たいがい初心者は意味が分からず壁にあたります。

私の場合は、MAMPの設定が2日も3日もエラーで詰まり積んでました。
そして初心者なのでMAMPの存在意義も分からず八方塞がりでした。

今にして思えばよく投げ出さなかったと思うのですが、みなさんも学習を続けさえすればいいことありますよ、たぶん。

プログラミング学習と写経 / 写経する場合の注意点

プログラミング学習と写経 / 写経する場合の注意点
長々と体験談を綴ってみましたが、何が言いたいかと言うと、みなさん写経をしましょうということです。
初心者は、間違いなくスキルアップします。

でも、写経にもポイントがあります。
それは、1つの題材で写経するのは最高で3回までにすること。

なぜなら、写経はあくまでもインプットでしかないからです。
プログラミングの勉強で一番大事なのは、やはりアウトプットなのです。

学んだスキルを片っ端からアウトプットしていくことが1番の近道だとよく言われます。
特に初心者はインプットに偏りがちですよね。

でもプログラミングは覚える必要はないですし、実際覚えられません。
万が一覚えられたとしても、十中八九忘れます!

なので、どんどん先に進みましょう。
私もそんな進め方でやってきましたが、プログラミング学習期間1年にもなればそれなりに対処方法が分かるようになるものです。

プログラミングの勉強を始めて一番身についた技術は、コードを書くスキルではなく問題解決能力かもしれません。

関連記事:プログラミング学習で必要な「模写」と「写経」をやってみよう

タイトルとURLをコピーしました