HTML/CSS上級から出現した「yarn」とは何のこと?【プログラミング初心者】

日々の学習

HTML/CSS上級付近で出てきたよく分からない言葉シリーズ、色々な言葉の記事が溜まってまいりました。

プロの方から見たら、かなりトンチンカンなことを言っているかもしれません。
初心者なりの拙い理解だと、遠くから見守っていただければ幸いでございます。

さて、そんな分からない言葉、今日は「yarn」です。

yarnって何?

このyarn、実は前回のnpmと同くJavaScriptのパッケージ管理ツールです。
2016年に、あのFacebookが公開したものとのこと。

Npmより新しく、速度が速いなど色々と優れている点が魅力です。
Npmのパワーアップ版と考えると良いようです。

yarnを使うメリット

そこで、npmと比べるとこのようなメリットがあるようです。

・npmより圧倒的に速度が速い
(倍の速度になることもあるという情報も!)
・npmと互換性がある
・全体的に使い勝手がとても良い
・セキュリティが高い

Npmと互換性があるので、同一プロジェクト内で両方使うことも可能とのこと。
これは、現場においてはなかなか便利そうですね。

ちなみに、yarnについてのデメリットは全く見当たりませんでした。
ただ、最近はnpmも様々なバージョンアップを行なっているようで、今までnpmを使っていた人にとってはわざわざyarnに変える必要もなくなってきているようです。

パッケージマネージャーの存在意義とは?

言葉の意味は分かった、しかしなぜnpmとかyarnが必要なんでしたっけ?
初心者の私が分からないのはここですね。

もう一度おさらいしましょう。
「npmとは、node.jsのパッケージを管理するツール」でした。

そして、node.jsとは「サーバサイドで動くjs」です。
非同期処理により、大量のアクセスを高速に処理することが可能です。
また、パッケージが多数あるので開発に便利。
そんなnode.jsを使って効率よく開発を行うためにはパッケージ管理ツールが必要です。

ここで、npmやyarnが威力を発揮するわけですね。
ちなみに、素人だとそんなにいくつも訳のわからないものを組み合わせずに1つで終わらせられないのかと安易に考えますが、このような仕組みになっているのもおそらく理由あってのことでしょう。

おわりに

Npmやyarnの意味はやっと何とか分かるようにはなりました。
ただ、使いこなせるレベルになるにはまだまだ先が長いですね。

プログラミングの知識は語学と同じで、使わないとすぐに忘れます。
一生懸命理解したものも、数日たつとあっという間に分からない言葉になっています。
こればかりは、「練習」を繰り返すしかありません。
コツコツ頑張ってまいります。

タイトルとURLをコピーしました