JavaScript中級からHTML/CSS上級にかけて、不明な言葉が山ほど出てきた話【プログラミング初心者】

日々の学習

現在、HTML/CSS上級で詰まりながらプログラミング勉強しています。
初級の頃から意味不明なカタカナ言葉がたくさんありましたが、それに加えて最近はアルファベットの羅列にも悩まされています。

聞いたことがあるけど意味が分からないものから、まったくお初のものまで多種多様。
1回講義を受けただけでは、どこで出てきたものかさえ忘れる始末。
相変わらず、色々な状況で行き詰まっています。

意味不明な言葉あれこれ

JavaScript中級からHTML/CSS上級あたりで、意味が不明、もしくは勉強不足な言葉たちです。
細かいものをあげたらキリがないので、メインで使うものから潰していきましょう。

そんなリスト入りの言葉たちはこちらです。

・Ajax
・JSON
・クロージャー
・npm
・gulp
・サムネイル
・SASS
・yarn
・Bootstrap

たくさん出てきてしまいました。

これからHTML/CSS上級を進めると、おそらくもっと増えるでしょう。
この後にJavaScript上級が控えているので、あとどのくらい増えるのか考えたくもありません。

1つめのAjaxについて

とりあえず1つめのAjaxについて再確認です。
js中級をなんとなく進めてしまいましたが、実は全く説明できません。
自分の言葉で説明出来なければ、理解しているとは言えません。

そんなところで、Ajaxとは。

動的にwebページを書き換えることができる技術です。
メリットは非同期でデータを取得できるため、通常の通信より早く処理ができること。
簡単に、「googleマップ」と覚えればOKです。

確かにそのようなwebページ、よく見かけます。
上手く使いこなせたら、便利な機能ですね。

自分で説明するときには、「googleマップが埋め込んであるHPに使われている技術」でいけそうです。

おわりに

新しい言葉は、本当に難解です。
そもそも何か意味を持つ単語なのか、単純に技術の名称なのかそれすら分かりません。
そして、次から次へと新しいアルファベット文字が出てくるので、混同しがちです。

今回、Ajaxも再度調べることでようやく「googleマップ」と内容を思い出しました。
処理方法を覚える必要はなくとも、どんな機能かは知っておく必要があります。
そうしないと調べることすらできません。

新しいことが目白押しですが、めげずに頑張ってまいります。

タイトルとURLをコピーしました