いつまでたってもプログラミングスキルが上達しないため、色々と対策を考えてみた話【プログラミング初心者】

日々の学習

プログラミング学習を初めて4ヶ月以上たっておりますが、いつまでたっても初心者のままで上達しません。

つまり、出来ることが増えていないのです。
相変わらず分からないことだらけで、迷走しております。

なぜいつまでもプログラミングスキルが伸びないのでしょうか。
理由と対策を考えてみました。

理由1:コードを書く量が足りていない

プログラミングは、勉強ではなくて練習だと言われます。
分かるようになるまで、コードを書いて練習するのです。
1曲弾けるようになるまで、ピアノで練習するイメージですね。

実は良く考えてみると、それほどコードを書けていないように感じます。
対策として、まずはコードを書く量を増やしていきます。

理由2:目標が明確化されていない

プログラミングを始めた理由は色々あります。
例えば、
・稼ぎたい
・時間や場所を選ばず働きたい
・仕事に困らないスキルを身につけたい
などです。

これらを突き詰めた目標は、「人生に自由を得ること」です。
今後は、大目標としてこちらを設定します。

理由3:危機感が足りない

仕事を得るためだけであれば、プログラミングである必要がありません。
そのため、どうしても危機感がなくなってしまっているのだと思います。
事実、未経験のエンジニアとして転職するより今までの経験職種での転職の方が簡単です。

そのような状況の中で、なぜエンジニアになりたいのか。
その答えは理由2の大目標があるからです。

対策として、大目標を常に持ち歩く、目につくところに貼る、などをやってみたいと思います。

おわりに

理解が遅くなかなかプログラミング学習が進みません。
そんな状況が続くと、どうしてもモチベーションが下がってしまいます。

やめずに続けてはいるものの、それではいつまでたっても上達せず平行線のままです。
少し意識の改革が必要な時期に来ているようです。
気を入れ直して頑張ってまいりたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました