プログラミングをやらないと、という強迫観念に動かされていると精神的疲労が大きいという事実【プログラミング初心者】

日々の学習

プログラミング学習をしていて辛いことは、「勉強をしないと」という強迫観念に常
にさらされていること。

しかし、今日読んだ本にこんなくだりがありました。
「何かをしなければならない、という強迫観念に動かされている人は精神的疲労が大きい」。

プログラミングのことを考えれば考えるほど追い詰められるということですね。
色々考えさせられることがあったので、ここに記しておきたいと思います。

なぜ「プログラミングをしなければならない」という強迫観念があるのか

プログラミングの学習に限らないと思うのですが、何かを勉強していると常に頭のどこかで「勉強しないといけない」と思ってしまいます。

何をしているときにも、そのことが頭から離れません。
プログラミング学習を始めてから、ずっとその強迫観念にとりつかれています。

今までだったら心底楽しめたことが、そのせいで心から楽しめない。
むしろ楽しむことに罪悪感を覚えてしまう。

なぜそんな状況になるのでしょうか。
私の場合は、これしか考えられません。
それは、十分に勉強していないことを自分で分かっているから。

おそらく誰に言っても恥ずかしくないくらい勉強していれば、このような感情は起こり得ません。
結果はどうあれ、自分がそれだけ努力きたことに自信があるからです。

自分の場合は、努力が圧倒的に足りないことが分かっているのです。
そのため、そのような強迫観念にとりつかれてしまうのです。

強迫観念を取り除く方法

そんな思いを取り除くには、こんな方法があるとのこと。
「『何もしない時間』を予定に入れて何もしなくていい時間を作る。」

逆に考えると、「何もしない時間」は「何をしてもいい時間」になりますね。
その間はプログラミングのことを考える必要はまったくありません。
確かにあえてこのような時間を設けないことが、常日頃プログラミングのことを考えてしまう結果になっておりました。

久しぶりにタイムマネジメントシートを使っていきたいと思います。

おわりに

実は、以前タイムマネジメントを行っていたことがありました。
その時はシートを使い、細かく予定を管理していたのです。

その通り進めれば結果を得ることができましたが、実はかなり疲れてしまったことも事実です。
そのため、いつのまにかタイムマネジメントを行うことをやめてしまっていたのです。

今考えれば、予定を詰め込みすぎていたのですね。
「何もしない時間」を入れることで上手く機能しそうな気がします。

しばらくぶりに、タイムマネジメントシートを活用してみます。

タイトルとURLをコピーしました