HTMLのimgタグのalt属性とSEOについてほぼ理解していない話【プログラミング初心者】

日々の学習

プログラミングの学習を始める場合、ほとんどの方がHTML/CSSから入りますよね。

もちろん私もそうでした。
そして、案外HTMLとCSSは理解したような気がしてしまうのです。

しかし上級に進めば進むほど、実は分かっていないことが多いことに衝撃を受けます。
今回は、初歩の初歩であるimgタグのalt属性について記しておきたいと思います。

HTML imgタグのalt属性とは

プログラミングを学習している方ではなくても、imgタグに馴染みがある方は多いのではないでしょうか。

そう、ブログに画像を貼る場合などに使うからです。
altとはimgプロパティに使う属性になります。

このように記述して使用します。
<img src=”画像のパス” alt=”画像の説明”>

alt属性を入れる目的は、画像が表示されなかった場合にテキストを表示させることになります。
例えば沖縄のハイビスカスの画像をUPした時に、alt属性に”ハイビスカスの画像”と入れるイメージですね。

しかし私はこのようにブログを書きつつも、alt属性にはあまり重要性を感じられなかったこともあり、記述することを忘れがちでした。

alt属性とSEOの関係

上位サイトのほとんどが、alt属性を記述しているということを学びました。
実は、ブログを書いているにもかかわらずSEOをほぼ理解していないという体たらく。

もともとこのブログは、プログラミングの学習ペースを保つために始めました。
今のところ4ヶ月以上、何とか更新が出来ています。
せっかくなので、SEOについても学んでいきたいところ。

小さなことですが、imgタグにalt属性を設定するところから始めていきたいと思います。

おわりに

実は、マーケティングやSEOは未習得の領域です。
しかし、稼げるエンジニアになるには避けて通れない道。

実は、その辺りはプログラミングより興味のある分野であったりします。
どちらかと言えば上達しないプログラミングより、こちらをメインで勉強してみたいところ。

とは言え、そうは問屋が卸しません。
引き続きプログラミングの学習を頑張ってまいりましょう。

タイトルとURLをコピーしました