JavaScript中級でまたもやオブジェクトが登場したが、PHPのオブジェクト指向とは別物のようである話【プログラミング初心者】

日々の学習

JavaScriptの学習で、オブジェクトが登場しました。

以前PHPオブジェクト指向の学習をしましたが、あまり理解できないまま進めています。
そのため、JavaScriptのオブジェクトも理解しづらいと考えていたところ、別物と考えるべきだとTwitterで教えていただきました。

どうやらPHPとJavaScriptのオブジェクトは仕様が違う様子。
ここで整理してみましょう。

JavaScriptのオブジェクトとは

JavaScriptで使うものは、すべてがオブジェクトもしくはオブジェクトのように振舞います。
例えば、

・関数
・配列
・連想配列

などもすべてオブジェクト。

これらのデータには、「プロパティ」と「メソッド」が入っています。
オブジェクトは、このような複雑なデータを1つの集まりとして使えます。

JavaScriptでは、オブジェクトは非常に重要な要素になります。
そのため、JavaScript言語を使うのなら必ず理解しなくてはならない概念とのこと。

正直に言えば、今はサッパリ何のことやら理解できません。
理解するには自分の言葉で説明できるようになることが、一つの目安かと思います。

PHPのオブジェクト指向とは

一方、PHPのオブジェクト指向はこういうものになります。

・オブジェクト指向とは「考え方」で、PHP以外のプログラミング言語にも使われる
・オブジェクト指向とは「設計手法」で、保守性が高く後からの修正が容易である
・プログラミングのコード量を少なく抑えることができる

一見すると確かにJavaScriptの「オブジェクト」とは意味が違います。
根本的な考え方は同じかもしれませんが、今のところ不明です。

こちらも少しずつ理解を深めていきましょう。

おわりに

「オブジェクト」とは「モノ」のことだと説明されます。
非常にややこしく分かりづらい概念で、初心者にはなかなか理解できません。

しかし重要な概念であり、この先進むにつれ必ず必要な知識になるとのこと。
少しずつ吸収し、知識を増やしていけるよう頑張ってまいります。

タイトルとURLをコピーしました