JavaScriptとDOMおよびノードの関係を、初級に出戻って勉強し直した話【プログラミング初心者】

日々の学習

JavaScript中級の学習に入っておりますが、初級で理解できないまま進めているものがたくさんあります。
その中の1つがDOMです。

今回はもう一度初級に戻り、DOMについて勉強しなおしました。
ここで学んだことを整理しておきましょう。

DOMとは何か

DOMとはDocument Object Modelの頭文字で、その名の通り対象はドキュメントです。
具体的には、JavaScriptからHTMLファイルを操作する仕組みになります。
要素の情報を書き換える、削除する、といった動作が行えます。

プログラミングを実行すると、ブラウザの中では「DOMツリー」というツリー構造が作られます。
JavaScriptは、このDOMが作られないとHTML/CSSの操作ができません。

操作をしようとしてもエラーになりますが、「’DOMContedLoaded’」の命令でDOMを作り終わってからJavaScriptを実行させることができます。

DOMとノードの関係

ところでDOMとセットで出てくる言葉に、「ノード」があります。
こちらも理解していないため再度確認しました。

今回ノードについて理解した事項は、こちらです。

・「ノード」とは要素のこと
・DOMツリーにある1つ1つの要素をJavaScriptでは「ノード」と呼ぶ

以上、DOMとノードについて学んだことを簡単にまとめてみました。
もし理解が間違っていたら、申し訳ありません。

おわりに

JavaScript初級時点では意味不明であった用語も、今やり直すと少し理解ができます。
すべてを理解せずとも進めてOK、というのはこういうことなのですね。

何回も出戻りが必要なので時間はかかりますが、知識はこうやって定着していくのだと感じました。
これから少しずつ焦らずにレベルアップしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました