上級エンジニアでも、ググることに大量の時間を費やしている事実に衝撃を受けた話【プログラミング練習】

日々の学習

プログラミング学習で、毎回の検索は重労働。
そんな私の状況に色々アドバイスを頂け、皆さま色々と工夫をしながら学習をしていることに危機感を覚えました。

また、追加でプロのエンジニアの方からこんなコメントを頂きました。
「業界歴10年以上でも、1日の大半をググることに費やしている」

似たようなことを聞いたことがありますが、実際に携わっている方からのお話は現実味があります。
興味を持って、更に調べてみました。

優秀なエンジニア=ググり力が高いという現実

プログラミング学習をしていて、本当に検索力の低さに打ちのめされています。
検索結果の中から、必要な情報を確実に見つけ出すことがまず難しい。

エンジニアにとって、検索スキルの高さが仕事の成果に直結していることは確実です。
普通レベルのエンジニアが就業時間の大半を検索にあてているのだとすれば、検索力の低い人ほど検索にかかる時間が増えていきます。
肝心なタスクが全く進まなければ、仕事が出来ない人と認識されるようになりかねません。

調べてみると、検索力は実はかなり差別化できるスキルのようです。
必要な情報を検索する能力だけではなく、調べた結果を精査するスキルも必要になるため。

プログラミング学習を始めた初期から検索力の必要性を感じていましたが、ここに来て検索力の向上に終わりはないと再認識しました。

検索の方法

さて、検索力とはどこで差がつくのでしょうか。
例えば、プログラミングの勉強方法を調べたい場合。

大多数がまず行う検索方法は、こちらでしょう。
「プログラミング 勉強方法」

キーワードをスペースで区切って検索する方法は「AND検索」と呼ばれ、入力したすべてのキーワードを含むwebページが表示されます。
私もこのAND検索でキーワードを変えたり増やしたりしていますが、検索精度は非常に低い。

そこで、調べてみると実は色々な検索テクニックが存在します。

・完全一致検索(キーワードを”で囲む)
・NOT検索(マイナスをつけたワードを含まないページを検索)
・OR検索(いずれかを含む検索結果を表示させる)
・あいまい検索(キーワードの一部が分からない場合に*を挿入)

聞いたことがあるものもありますが、実際に使ってはいませんでした。
検索精度を上げるため、少しずつ身につけていきたいと思います。

おわりに

なかなか検索力は身につくものではありません。
プログラミング学習を始めてから、毎日のように検索に苦しめられています。

やはり、メモや記録を取っていくような工夫は大事。
時間がかかることは嫌いな私ですが、長期的に見れば威力を発揮するかもしれません。
コツコツ頑張っていきます。

タイトルとURLをコピーしました