プログラミング学習中の「勉強しないと!」という強迫観念の対処方法を考えてみた話【プログラミング練習】

日々の学習

プログラミング学習をしていると、常に「プログラミングやらなきゃ」という強迫観念にかられて精神衛生上よくありません。

休憩も必要と言われますが、頭の片隅にこれがあるのでおちおち休んでもいられません。
しかし、これはプログラミング学習に限ったことではないですね。
昔、資格の勉強をしていた時も常ににこの恐怖心がありました。

この強迫観念と上手に付き合う方法はないものでしょうか。

そもそも強迫観念とは

「強迫観念」という言葉、良く聞く言葉だと思うのです。
しかし改めて検索してみたところ、「強迫性障害」ばかりが上位に出てきてびっくり。
検索している言葉と違うのはなぜでしょう?

そこで「強迫性障害」を調べてみます。
字面のごとく、メンタル系の病ですね。

これらのページをいくつかみると、その中に「強迫観念」という言葉がみつかります。
抑えたいのに払いのけられない考えを「強迫観念」、不安を消すために特定の行為を繰り返すことを「脅迫行為」という様子。

もしかしたら「強迫観念」は、あまり安易につかってはいけない言葉だったのかもしれません。
プログラミングと関係ありませんが、こういう学びが楽しいですね。

「勉強しなきゃ」という苦しみから逃れる方法

ところで、なぜ常に頭のどこかに「勉強しなきゃ」という考えがあるのでしょうか。
おそらく私の場合は、自分で満足にプログラミング学習が出来ていないことが分かっているからだと思います。

進捗度合いが芳しくなくとも、それなりに時間を割いていればやっている感はあるはずです。
後ろめたいから、「(もっと)勉強しなきゃいけない」と考えてしまうのでしょう。

では、満足にプログラミング学習が出来ない理由は何でしょう。
もうこれは明確で、プログラミングを楽しいと思えないことが1番の理由です。
これを解決することができれば、少し苦しみから解放されるかもしれません。

おわりに

プログラミング学習者のブログなどを拝見すると、楽しく学習を進めている方が結構いるのです。
未だに楽しさを見いだせない私は、学習方法を考えた方が良いと思いつつ解決策が見つかっておりません。

どうせ学習するなら、少しでも楽しむ方法を習得したい。
いろいろ試しつつ頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました