プログラミング朝活をするために、どうやったら早起きができるか考えてみた【プログラミング練習】

日々の学習

プログラミングの学習時間を確保するために、朝活を取り入れています。
しかし、実は1週間に1~2回程しか実施できていないことが現状です。
なかなか早起きが出来ず、停滞気味なのです。

早起きは、時間が増え充実した1日を送ることができます。
世の中の成功者にも、早起きが多い様子。

そこで今回は、早起きのコツを調べてみました。

朝早起きをするコツ5選

早起きの方法を調べると、山のようにでてきますよね。
そこで、実現の可能性が高そうなものをピックアップしてみます。

・「起きる時間」と「寝る時間」を正確に決める
・カーテンを開けて寝る(日光を浴びる)
・寝る前にアルコールを飲まない
・早起きを宣言する
・目標を明確にする

すでにいくつか実施していることもありますが、改めて徹底していきます。
気合いだけでは起きられないので、これらを少しずつ試していきましょう。

現状と理想について

もともと遅くまで起きていられる人間ではないので、遅くとも24時台には寝ています。
そして、起きる時間は7時半前後でしょうか。
7時間は睡眠時間を確保できているのは良いところ。

さて、目標は5時半までに起きてプログラミングの学習時間を2時間確保すること。
現状を考えると毎日はさすがに厳しいと思うので、週3~4日を目指します。

残りの日は、寝不足の解消日にあてましょう。

おわりに

早起きは三文の徳と言われますが、どんなメリットが待っているでしょうか。
少し楽しみになってきました。

これから、定期的に見直しと反省を行っていきます。
無理のない範囲で頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました