サーバーについてよく分かっていないので、おさらいしてみたら定着知識ゼロだった話【プログラミング練習】

日々の学習

自分で作った簡易的なサービスをサーバーに上げようと思って、ハタと気づきました。
ローカル環境ではwebサービスを作れても、その後の処理を分かっていないのです。

ドメインはどうするのか?
サーバーは?

そこで今日は、ネットワークとサーバーの講義をおさらいしました。
身についていないことがほとんどだったので、ここに記しておきます。

そもそもサーバーとは

勝手にサーバーは「ハード」だと思っていたのですが、実は「ソフト」です。
要求に応じてサービスを提供するソフトのことを「サーバー」と言います。

サーバーの種類には、このようなものがあります。

・メールサーバー
・webサーバー
・FTPサーバー
・APサーバー
・DDサーバー

正直、下の3つは良く理解できません。
これから順を追って身につけていきましょう。

そして、実はPCをサーバーとして使うことができます。
この辺は聞いたこともあり何となく知っていましたが、ソフトを入れる必要があります。
これは、プログラミングを始めるまで知りませんでした。

OSとは

次に良く聞く「OS」について。
耳にすることは多いものの、あまり理解していませんでした。

OSには、次の3つがあります。

・windows
・mac
・linux

こう見ると、ようやく何のことか分かりますね。
世の中の皆は、これをきちんと理解しているのか少々疑問に思いました。

PCの仕組みについて

PCの中には、次の3つが入っています。

・CPU
・HDD(最近はSSDなんかも)
・メモリ

PCが遅いからメモリを増加、という知識は何となくありましたが、今回学んだことはこちらです。

メモリは一時的な保存しかできず、電源を落とすと消えてしまう。
HDDは、電源を落としてもデータが消えず再度取り出しができる。
ただ、低速だという弱点がある。

プログラミングを組むだけではなく、こういった知識も非常に重要ですね。

おわりに

講義を受けても、離れるとすぐに忘れてしまいます。
人間ですから仕方の無いことですが、ある程度は説明出来るレベルになりたいものです。

必要な知識が膨大で大変ですが、引き続き頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました