【ダイエット】糖質制限 vs カロリー制限どちらが痩せる?

ダイエット

今週、日経ビジネスの週間ランキングトップがこちらの記事でした。

自分にとってタイムリーな記事で、思わず読み込んでしまいました。

結論から言うと、「糖質制限をする」イコール「カロリーダウン」になるので大差はありません。
自分が継続できる方を行えば、ストレスをためずにダイエットができそうです。

カロリー制限食と糖質制限食

一般的に知られているカロリー制限は、1日のカロリー摂取量を減らすダイエットです。
肉は好ましくなく、野菜みたいなカロリーの低いものメインで過ごすイメージですね。
ただ、量を減らしてカロリーを落とせばよいので、NG食品はありません。

一方、糖質制限食にはNG食品があります。
基本的に、糖質が高いコメ、パン、麺類と粉もの系はNGとされています。

そのかわり、カロリーは無視です。
カロリー制限組が減らす肉、バター、油、マヨネーズ、チーズ、などなどすべてOKです。

私が糖質制限を採用している理由

ビール好きなので、もともとおつまみ系があれば白米はなくても良かったのです。
それで、あえて糖質制限にしています。
私にはこちらが合っているようで、それなりに継続できています。

まあ、ビールをやめれば速攻効果がでるとは思うのですが。

おわりに

この記事では、「糖質制限食は、最も減量効果が高い」と言い切っています。
つまり、早く結果が出ると言うことです。
短期間で結果を出したい時は、糖質制限にチャレンジした方が効果的でしょう。

ちなみに、男性は筋力UPすればカロリー消費が上がるため食事制限不要、なんてうらやましいコメントもいただきました。
男性の方は食事制限に力を入れるより、筋トレした方が長い目で見て効率が良いですね!

タイトルとURLをコピーしました